審査甘い消費者金融の借入は危なそう。どこで見分けるか知りたい

審査甘い消費者金融の借入は危なそう。どこで見分けるか知りたい

大手の消費者金融の何軒かにキャッシングを申し込んだところ、いずれも残念ながら審査に落ちてしまいました。特にブラックリストに乗っているようなことはした覚えがなく、また問い合わせても理由がよくわからなかったのです。だからといって、必要だったキャッシングが不要になるわけではないので、審査が甘いと言われている消費者金融さんから借りようと思っているのですが、中には危ない業者もあると聞きます。危ない業者とそうでない業者とはどこで見分ければ良いのでしょうか。

危ない消費者金融は、貸金業登録番号と金利で見分けましょう

銀行に比べれば審査には通りやすいということになっている消費者金融であっても、審査に通らない時には通らないものです。さらにお話から察すると短期間に複数の業者さんにキャッシングを申し込まれたようですが、このような場合、業者による申込記録がデータベースに残っており、いわゆる申込ブラックとして扱われてしまった可能性もあるでしょう。

有名大手の消費者金融よりも審査が通りやすい所、というとすぐにヤミ金などが頭に浮かぶのですが、審査が通りやすいところがすべてヤミ金ではありません。いわゆる貸金業を営む者は、貸金業法に基づく登録を受けなければならいなことになっていますが、この登録をしていない業者をヤミ金と通称していることになります。

ですから、キャッシング審査が通りやすいという金融業者が貸金業者として登録していなければ、それはヤミ金だということになりますから、当然危ない消費者金融ということです。申込をされようとしている金融業者さんが登録事業者なのかどうか、についてはまず業者さんが登録番号を表示しているかで見分けることができるはずです。

登録番号は、営業所が単独の都道府県である場合は知事登録になり、例えば「東京都知事(9)第00000号」といった表示になり、複数の都道府県に営業所を持っている場合は財務局登録になります。この場合、「関東財務局長(9)第00000号」のように表示されることになっています。()の中の数字は3年毎に更新されるもので、登録後の営業年数の長さを表すことになっています。

しかし、中には貸金業登録番号を詐称している業者すらいるそうなので、油断はできません。表示されている番号を控えておけば、後で金融庁が提供している検索サービスで調べることができます。ここまですれば、金融業者さんが正当な業者さんであるかどうかはわかるはずです。

金融業者さんを選ぶに当たっては、年利をしっかりと表示しているところを選ばれるようにお勧めします。年利は寿司屋の値札みたいなもので、キャッシングの価格になります。中には20%を超える金利を提示している業者もありますが、これは法律違反ですのでヤミ金だとわかります。あるいは、それが明示されていないということであれば、年利は時価ということにもなりかねませんので危ないことになりますね。

キャッシングの借入れの審査甘いのはどこも同じ

キャッシングにおける借入に関して審査甘いのはどこの会社も同じだと言えます。元々、キャッシングは一般の消費者向けて作られたサービスですので、借りやすい仕様になっているのです。そのため、どこの会社を利用しても難しい審査基準が採用されることはまずありません。気軽に申請できるのです。

これは街角に存在している無人契約機を見れば一目瞭然で理解できることだと言えます。カードローンのようなキャッシングは無人契約機のような機械によって契約をすることができますが、このような方法が出来るのも簡易的な審査基準が採用されているからに他なりません。難しい基準では機械では処理出来ないからです。

実際、無人契約機で契約をするときにも仮審査や本審査があるところもありますが、こう言った審査もキャッシング会社が自主的に、または口頭で確認できるものしか採用されていません。無人契約機を利用した契約だとどうやっても郵送などで証明書を送ることが出来ませんので簡易的な審査でないとスムーズに契約が出来ないわけです。

実際、こうした審査の基準として大きな役割を果たしているものの一つに、信用情報の照会という簡易的な審査方法があります。信用情報というのは、消費者が他の金融機関から既に借金をしていないかどうかの情報の事を言います。この情報を調べることによって相手の信用性を担保できるわけです。

金融機関はお金を貸す機関ですので、相手の情報を共有することができる立場にあります。事実、信用情報はこれを管理する機関に問い合わせをすることによって照会することが可能になっていますので、いつでもこれからお金を借りる人の債務の情報を知ることができるのです。

こうした方法はキャッシング会社が採用している独特の審査基準であっても、誰でも気軽にお金を借りることが出来る基準にもなっています。キャッシングほど審査の甘い借入もありませんので、はじめてお金を借りるときはキャッシングを利用することが賢明なのです。